産業界と学校・家庭をコーディネート

株式会社プラスエム

事業内容のご紹介

プラスエムは、学校現場と企業双方の実情を把握した“教育コーディネーター”として、全国の教育関係者の広いネットワークのもと、幼稚園から高校までのべ3,582校(約281,200人)で出張授業を実施してまいりました。

教育イベントの実施を通して、企業・団体は子どもたちや保護者に、密度の濃い情報発信ができます。教育現場の実情を把握しているプラスエムは、もっとも効果的なイベント企画のご提案とその運営をお引き受けします。

教育関係者の広いネットワークを活用し、幼稚園から大学、教育関係者や保護者までを対象とした各種調査活動。また、教育イベントや作品募集・出張授業などと連携した、副教材の企画制作も実施しています。

ほかに例を見ない、プラスエムの持つ教員ネットワーク。

プラスエムは、創業以来“教育コーディネーター”としてさまざまな企業の教育支援プログラムづくりなど、「企業と学校をつなぐ事業」を展開してまいりました。

今、なぜ学校フィールドでのプロモーションなのか?
学校と企業をつなぐ“教育コーディネーター”の役割

近年、「小1プロブレム」という言葉をよく耳にします。小学校に入学したばかりの児童が、授業中に座っていられなかったり、集団行動がとれなかったりといった状態が続くことで、生活の中心が「遊び」から「学び」に変わるギャップの大きさが要因の一つとされます。東京都教育委員会が行った平成 22年度の調査では、都内の小学校の校長の18.2%が「発生した」と回答しています。

これまでの実績

プラスエムは長年にわたり、“教育コーディネーター”としての役割を担い、企業・団体の教育支援活動のお手伝いをし、子どもたちの教育を見つめ続けてきました。
企業・団体と共に積み上げた、学校現場への教育支援や教育イベントの運営を通して、21世紀を担う子どもたちを応援します。